MATERIAL / QUALITY

素材と品質

外観や内装だけでなく、目に見えない部分の品質にもこだわります。
ずっと安心で快適に暮らせて、将来のライフサイクルにも対応した高機能住宅がマイスターホームの標準仕様です。

  • 日本で一番歴史のある
    木造軸組(在来工法)住宅

    木造軸組工法(在来工法)で建てられた法隆寺は1300年の歴史があります。
    マイスターホーム施工の主な木の構造材は、土台は檜の120角、大引は檜の105角、通し柱と角柱はEWの120角、管柱はEWの105角、梁は米松ですべてKD材(乾燥材)を使用。
    マイスターホームは長期優良住宅仕様で建築します。
    長期優良住宅とは長期にわたり良好な状態で使用することができる優良な住宅なことをいい、国の認定基準(劣化対策・耐震性・メンテナンスのしやすさ・リフォームのしやすさ・バリアフリー対策・省エネ・居住環境・居戸面積・維持保全計画)が設けられています。
  • マイスターホームの基礎は
    長期優良住宅仕様のべた基礎工法

    価格が安いので布基礎を採用しているハウスメーカーも多いですが地震大国日本では布基礎よりべた基礎が安心です。マイスターホームは長期優良住宅仕様のべた基礎で施工します。 着工前にべた基礎で耐えられる地盤かどうかを表面波探査法で地盤調査をいたします。
    マイスターホームで施工する全物件に地盤保証をつけます。
    万が一地盤調査の結果に基づいて適切な基礎工事を行ったにもかかわらず、不同沈下が発生し建物に障害が生じた場合地盤と建物の修復工事をいたします。

  • 断熱材は現場発泡ウレタンの
    フォームライトSLを採用

    フォームライトSLの特徴

    • 冬は暖かくて、夏は涼しい家。
      フォームライトSLは高気密。高断熱、だから室内の温度差が少なくて気持ちのいい家がつくれます。トイレや浴室などの温度差が小さくなることで、冬場のヒートショックにも配慮。赤ちゃんからお年寄りまで快適に暮らせます。
    • 少ない冷暖房費で地球にもやさしい家
    • 結露に強く、さわやかで健康な家。
    • 中も外も静かな家。
  • 素足でも快適な
    無垢のフロアーが標準

    無垢のフロアーの特徴

    • 無垢のフロアーはきちんと手入れすることで質感や色味などの風合いが趣豊かに変化し経年変化が楽しめるとして人気があります。普通の合板フロアーは経年とともに劣化していくだけで出来上がった時が一番良い状態で提供されると考えられています。
    • 木の表面は熱伝導率が低く体感温度としては暖かく感じるので無垢材のフロアーはとても肌ざわりが優しく格別です。裸足で歩くとべたべたせずとても気持ちが良いものです。また経年変化で味も出てくるので愛着も湧き素材の持つ素朴な風合いと温かみで癒される、そんな心身ともに優しい素材だといえます。
  • 家族の憩いのLDKの壁は
    スイス漆喰カルクウオール

    住まいを快適にするスイス漆喰

    • スイス漆喰は天然成分100%でありながら、素材のもつ優れた性能により古代から現在まで愛され続けてきました。Ph12.4の強アルカリ性がカビの発生を抑え、嫌な臭いの成分である有機物を分解します。その他、スイス漆喰は吸放湿性に優れ湿気をコントロールして過ごしやすい室内をつくります。空気をきれいに、室内環境を快適にする安全で優れた素材です。
  • 長持ちしてメンテナンスが楽な
    「長期優良住宅」での施工

    従来の「つくっては壊す」スクラップ&ビルド型の社会から「いいものを作って、きちんと手入れをして長く大切に使う」ストック活用型社会への転換を目的として、長期にわたり住み続けられるための措置が講じられた優良な住宅(長期優良住宅)を普及するため「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成21年6月4日に施工されました。

    長期優良住宅を建てるメリット

    • 所得税の住宅ローン控除
      住宅ローンの1%が所得税から控除されますが長期優良住宅で建てれば控除対象金額が4,000万から5,000万にアップします。
    • 登記の申請時 登録免許税が軽減されます。
    • 不動産取得税の軽減
    • 固定資産税の軽減(固定資産税1/2の軽減が5年から7年に延長)
    • フラット35の好条件での借り入れ可能
  • 地震から家族を守りたいから
    「耐震等級3」での施工

    耐震等級とは建物の強さを表す等級で1~3の3段階の数値で表します。
    等級1がこれ以下は危険というぎりぎりの耐震性能です。(確認申請は等級1でクリアします) 等級2(等級1の1.25倍の強さ)等級3(等級1の1.5倍の強さ)と数字が大きくなるほどに建物の耐震性能は高くなります。

    耐震等級3のメリット

    • 等級1の1.5倍の耐震性能があるため震度6~7の地震でも軽い補修程度で住み続けられるレベル(消防署や警察署なといった災害復興の拠点となる防災施設に等級3が多い)
    • 耐震等級3の家は地震保険料が半額の50%OFFになります。
  • 開口部は高性能ハイブリッド窓と
    Low-E複層ガラスを採用

    ■ アルミの良さ(耐久性 意匠性 採光性)と樹脂の良さ(断熱性 防湿性)を融合、それぞれの利点を活かしながら課題を解決した窓。
    ■ 高性能ハイブリッド窓のサーモスⅡ-Hなら冬暖かく、夏涼しい快適な暮らしを実現。
    ■ フレームの縮小化によりガラス面積を15%拡大。眺望性 採光性の向上に加え、断熱性能の向上も果たしています。
    ■ Low-Eガラス採用により夏の暑い日ざし・紫外線をカットし冷暖房の効率を向上させます。
    ■ 外観5色・内観5色から組み合わせが選べます。

素材・品質について気になることは何でも
お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム